コレクション展Ⅰ 明治の浮世絵と郷土人形

展覧会

会期
2022年5月16日 - 2022年6月11日
時間
10:00〜17:00(入館は16:40まで)
休館日
展覧会期中の日曜、その他春季・夏季休暇中、大学入試期間中(学内立入禁止)休館
料金
無料
予約
予約不要
会場
京都芸術大学 芸術館
新型コロナウイルス感染症対策として、入館の際には手指の消毒とマスクの着用をお願いしています。また、状況に応じて検温を実施し、発熱の症状がある方は入館をお断りすることがあります。

京都芸術大学芸術館は1997年に天心館アネックスに開館、2011年より現在のギャルリ・オーブ2階に場所を移し、大学付属ミュージアム(博物館相当施設)としてコレクション展や企画展などの活動を行っています。

主な収蔵作品・資料は、各々寄贈による「シルクロード資料」(江上波夫コレクション)、「縄文土器群」(宗左近コレクション)、「浮世絵版画」「郷土人形」(いずれも大江直吉コレクション)で、年数回のコレクション展や特別展等で順次紹介を行っています。

今期は「浮世絵版画」「郷土人形」のうち、明治時代の様子が感じられるものを約40点ピックアップしました。

これまでのコレクション展では豊原国周の役者絵を中心に取り上げてきましたが、本展では役者絵以外の国周作品、国周以外の絵師の作品にもスポットライトを当てています。

関連する郷土人形と合わせて、明治時代の出来事や文化・風俗の一端をご観覧ください。

 

※学内公開のみ。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一般の方は入構いただくことはできません。